他人の車を借りるときは1日単位で加入できる自動車保険が便利

ライフスタイルの変化で車を持たない若者が増えてきたことから、1日単位で加入できる自動車保険の利用が急増しているそうです。

大手損保:車1日保険、浸透 マイカー持たぬ若者増え - 毎日新聞
契約件数、累計500万件 レジャー時や帰省先で利用  親や友人から借りた車で事故を起こすリスクに備え、1日単位で加入できる自動車保険の利用が拡大している。大手損保が2012年以降に投入した同保険の契約件数は、今月で累計500万件に達する。ライフスタイルの変化で車を持たない若者が増えていることが背景に

車を持たない生活をしていても、友人同士でドライブに行くときや実家に帰省したときに親の車を借りたりするときなど、意外と1日単位で加入できる自動車保険はニーズがあります。

今回はそんな1日自動車保険について調べてみました。

1DAY保険はこんな人が便利

1DAY保険が必要な人は

・自分の車を持っていない人が他人の自動車を運転するとき

です。言い換えれば、自分の車を持っていない=自動車保険に加入していない人が他人の車を運転するときは自動車保険がカバーされないので、この条件に当てはまる人にとっては、1DAY保険はすごく便利です。

ちなみにレンタカーの場合は、あらかじめ料金プランに自動車保険(任意保険)が含まれています。…というかレンタカー業者は任意保険に加入しない契約者には車を貸せないことになっています。

なので”レンタカーを借りる”ということは”自動車保険に加入する”ことが前提なので、新たに1DAY保険に加入する必要はありません

それともう一つ。

自分で車を所有していている人は自動車保険に加入していると思いますが、通常は他車運転特約という他人の車を運転したときでも保険がカバーされる特約が付帯されているので、その場合は新たに1DAY保険に加入する必要がありません。

念のため、他人の車を運転するときは自身が加入している自動車保険に「他車運転特約」が付加されているか確認しておきましょう。契約書を見てもよくわからないときは、サービスデスクに電話すると詳しく教えてくれます。

1DAY保険に加入するシチュエーションはこんなときです。

・免許は持っているけど車は所有していない。(自動車保険に加入していない)

という状態で

・友人、もしくは彼氏/彼女の車で運転を交代しながら遠距離をドライブする。

とか

・実家の車を運転する。(実家を離れて運転者条件から外れている場合)

というときです。こんなときは1DAY保険に加入して万が一に備えましょう。

1DAY保険加入の注意点

手軽な1DAY保険ですが、いくつか注意する点があります。

友人の自動車保険があなたの運転をカバーしても1DAY保険に入るべき

自動車保険には”運転者年齢条件”という付帯条件があって、条件無し/21歳/26歳/30歳以上と年齢条件を区切って、その年齢以上の運転者を補償する仕組みがあります。

これは過去の事故データから、年齢が上がるにつれて事故率が低くなるのが分かっているため、年齢条件が上がるにつれて保険料を安く設定することができるからです。

仮に友人が「オレの車、運転者年齢条件が”条件無し”だからオマエが運転しても大丈夫だよ!」と言われたとしても、1DAY保険に別途加入することをオススメします

なぜなら、万が一友人の車を運転して事故を起こすと、事故そのものは友人の自動車保険で補償されても、翌年の保険の等級が下がって友人の保険料がアップしてしまうからなんです。

一般的に自動車保険は、1年間無事故で保険を使わないと毎年1等級ずつ上がっていき保険料が割引されますが、一方で事故を起こして保険を使うと、翌年は3等級下がって割引率も下がってしまいます。

つまりあなたが友人の車を運転しているときに事故を起こして友人の自動車保険を使ってしまうと、翌年の友人の保険料がアップしてしまうのです。

友人は親切心で「オレの保険でカバーされるから大丈夫だよ」と言ってくれたのかもしれませんが、事故の後のことまで考えて言ったわけじゃないのかもしれません。

事故処理が終わった後にノンフリート等級が下がって翌年の保険料が上がることがわかると、友人はきっともやもやした気持ちになるはずです。

そういった理由から、仮に友人の自動車保険でカバーされるとしても、別途1DAY保険に加入しておいたほうが、万が一のときに保険で揉めることが少なくなります。

1DAY保険を扱っている損保会社

・三井住友海上「1DAY保険」
・あいおいニッセイ同和損保「ワンデーサポーター」
・東京海上日動「ちょいのり保険」

上記の3社では、最低限の対人・対物補償を入れたものは500円/日から加入できます。

ただ上でも書きましたが、友人の車を運転する場合は、対人・対物以外にも車両保険にも入っておかないと、万が一事故が起きたときに友人の車の修理代は自腹で対応しなければなりません。

車両保険を付けると保険料は1,500円/日~1,800円/日程度です。

1DAY保険の車両保険では免責金額が10~15万円であることが多いです。仮に友人の車を運転中に事故を起こして修理に50万かかる場合でも、保険では35万~40万円しか補償されないので注意してください。(免責金額分は自己負担)

バイクの1DAY保険ってあるの?

残念ながらバイクの1DAY保険はありません。今のところどこの損保会社でも取り扱いがありません。

僕もバイクの1DAY保険があると便利なのになぁ、と思いましたが、そもそもバイクは車と違って

  • バイクはミッション付きの車両が多くペーパードライバー(ライダー)のスキルでは事故・転倒の可能性が高い
  • パニックのとき車はとりあえず止まればいいが、バイクは転倒するリスクが高い

という性質があるので、バイク用の1DAY保険を作っても保険料が高くなって割に合わないのだと思います。

まとめ

自動車の1DAY保険は、

自動車保険に加入していない人が、レンタカー以外の友人/知人/両親/親族の車を運転するときの万が一の事故を補償する保険

です。

1日500円は安い!これで損保会社は元が取れるの?と思われるかもしれませんが、実は1ヵ月で500円×30日=15,000円、1年では180,000円の保険なので、そう安いものでもありません。

しかし年に数回しか運転しない人にとっては、必要な分だけ1日単位で加入できるのですから、非常に安価な自動車保険だと思います。

何度も言いますが、レンタカーの場合はレンタカー代の中に自動車保険代が含まれていますから、改めて1DAY保険に加入する必要はありませんよ。補償を厚くしたい場合は、予約時にレンタカー会社に相談すれば対応してくれます。

あくまでもレンタカー以外の他人の車に乗る場合の補償ですのでお間違え無く。

関連記事:
>>将来のために、あえて車を持たないという選択

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク