【要注意】AT車なのにエンスト?それ故障じゃないんです

AT車はクラッチ操作が不要なので初心者でもエンストしないところが最大のメリットですが、実はAT車でも使い方によってはエンスト(エンジンストール)することがあります。

今回はそんなAT車のエンストについて解説します。

AT車でもエンストする?

AT車と言えば「エンストしない」のがウリですが、実は使い方によってエンストすることがあります。

以前、国交省によると2011年から2013年までの3年間で、AT車のエンストによる事故が111件あり、その内、8件の死傷事故が起きていたという調査結果もありました。

それを受けて国交省ではAT車で起きるエンストについて注意喚起をしています。

詳しくは動画を見ていただくとわかりますが、動画を見られる環境がない人のために概略を説明します。

Dレンジのまま上り坂で後進したとき

よくあるのが、坂道の途中で停止してDレンジのまま後ろに下がってしまうときにエンストします。

よくあるシチュエーションとしては、坂道を登る途中に左折(または右折)するところを通り過ぎてしまい、Dレンジのまま惰性でバックしてしまうときなどですね。

「数メートル下がるだけだからいいか」と思ってブレーキを離してDレンジのままバックすると、前進用のギヤでエンジンと接続されているのにギヤが逆回転するため、エンジンが止まってしまうのです。

Rレンジのまま下り坂を前進する

これは逆のパターンで、下り坂の途中で止まっているときにRレンジにいれたまま前進してしまうとエンストしてしまいます。

よくあるシチュエーションとしては、下り坂の途中にある駐車場にバックで入れようとしてRレンジにしたけど、もう少し先に出てからバックしたいときに、Rレンジのままブレーキを離して前進してしまったときです。

これもエンジンが止まる理由は上り坂のときと同じです。


(参考:国交省「誤った操作によるエンストに注意!」

つまり進行方向と逆のギアにセットされているとエンストします。

エンジンが止まるとどうなる?

エンジンが止まるだけなのに、なぜ死傷事故が起きるのでしょうか?

その理由は、

・パワーステアリングが効かなくなるので、ハンドルが重くなる
・ブレーキ倍力装置が働かないので、ブレーキが極端に重くなる(効きづらくなる)

からなんです。

パワーステアリングはエンジンの動力を使ってモータを動かしてハンドル操作をアシストします。そのため、エンジンが止まるとパワステ用モータの電力が供給されなくなるのでハンドルが重くなります

パワステが効いていれば難なく避けられた障害物が、重いステアリングでハンドル操作が間に合わずに衝突してしまうのです。

また車のブレーキは倍力装置というブレーキの踏力を増幅させる油圧ポンプが備えられていますが、エンジンが止まるとこの倍力装置が動作しなくなるため、ブレーキを踏んでも効きづらいのです。

その結果、ブレーキを踏んでも車が止まらずに歩行者に接触してしまって死傷事故につながってしまうのです。

恐らく初めてこの現象を経験すると「ブレーキを踏んでもほとんど効かない」と感じると思います。

しかしブレーキ自体が故障している訳ではないので強く踏めばブレーキ自体は動作します。

走行中にエンストしてしまったらどうすればいい?

走行中にエンストしてしまったら、車を停めるのが先決ですので落ち着いてブレーキを強く踏み込みます

倍力装置が働かないため、効きが悪くても思いっきり踏み込んで車を止めてください。

イメージ的にはブレーキディスクをプラスチックで挟んで停めるような感覚なので、ブレーキを踏んでも停まらないのですが、ブレーキ自体が故障している訳ではないので、強く踏めばブレーキは効きます。

もし障害物を避けるためにハンドルを回さなければならないときは、力を入れてしっかりとハンドルを回すようにすれば、重いですがハンドルは回ります。

車が停止したら、ATシフトをPレンジに入れてパーキングブレーキをかけて、エンジンの再始動を試みます。

下り坂や上り坂でのギヤ選択間違いによるエンストであれば、簡単に再始動できるはずです。

まとめ

・必ず進行方向とギアを合わせる。(前進→Dレンジ、後進→Rレンジ)
・もしエンジンが止まってしまったら、ブレーキを強く踏んで車を停める。
・車が止まったら速やかにPレンジに入れてパーキングブレーキをかける。

AT車は使い方によってはエンストしてしまいますが、これは構造上仕方がなく、車自体の欠陥ではありません。

横着せずに車の進行方向にシフトレンジをきちんと合わせれば、今回紹介したような現象は避けられます。

また、普通に運転しているときでも何らかの故障でエンジンが止まってしまうことがあるかもしれません。

そういうときは「ハンドルが重くなる」「ブレーキが重く効きづらくなる」ことを頭に置いて、速やかに安全な場所に停車するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする