オーストラリアのドライブ旅行ではモーテルを使って宿泊費を節約しよう

オーストラリアに限らないのですが、レンタカーでのドライブは宿泊先はモーテルが便利です。

”モーテル”というと日本では郊外のラブホテルを意味しますが、元々はアメリカが発祥の宿泊形態で、主に自動車旅行向けのホテルで、motor(車)とhotel(ホテル)からなる造語で、怪しい意味はありません。

日本だと高速道路のインターチェンジ近くにあるビジネスホテルがそれに近いですね。

オーストラリアのモーテルは客室の前に駐車できる施設がほとんどで、荷物の出し入れやチェックイン後の外出、早朝の出発などにもとっても便利です。

一般のホテルに比べて宿泊費もリーズナブルなのでドライブ旅行にモーテルは欠かせません。

今回はそんなオーストリアのモーテル事情を解説します。

モーテルとは?

モーテルは主要幹線道路沿いにあることが多く、車で移動する観光客がアクセスしやすい宿泊施設です。

車を走行させていても目につくサイズの看板に”VACANCY“のサインがあれば空室あり、”NO VACANCY“で満室を表しています。予約なしの場合はこの看板を見て判断をします。

外観と価格が不釣合いなときは内覧してから決めよう

モーテルには当たり/ハズレがあります。

どういうことかというと、客室設備が金額と釣り合わないモーテルがたまにあるんですね。

外観と価格が釣り合っていない気がしたときは、客室を見せてもらってから宿泊するかどうか決めるといいです。

日本人的な感覚だと、わざわざスタッフの手を煩わせたのに「やっぱり(宿泊するの)辞めます」とは言いづらいと感じますが、欧米ではわりと普通のことなので気兼ねなく内覧した上で決めてOKです。(たとえ断ったとしても、先方も慣れたものでさほど気にしません)

モーテルは基本、予約不要

一般的にモーテルは予約不要ですが、たまに大きなイベントが開催されていたりすると満室になっていたりします。そのため、確実に宿泊場所を確保したい場合は予約をしておくといいでしょう。

宿泊施設リストは、空港の旅行案内所や街のツーリストインフォメーションセンターなどで入手できます。

オーストラリア、ニュージーランドの各町にはツーリストインフォメーションセンターという観光案内所があります。ここでは、観光ポイントの情報、営業時間や入場料情報、ホテル・モーテル情報が入手できます。
主要道路を走っていると次の街のインフォメーションセンターまでの距離がよく表示されているのを見かけるので、インフォメーションセンターで情報を得ながら走ると、ガイドブック以上の情報を入手できるのでオススメです。

リーズナブルな料金

モーテルは手ごろな料金で泊まれる宿泊施設です。

部屋にはベッドの他に、バスまたはシャワー、テレビ、コーヒー紅茶セット、小型冷蔵庫が備えられています。キッチンがついている部屋もあるので自炊をすることもできます。

規模の大きなモーテルになると敷地内にレストランがついているところもあるので、モーテルで朝食をとることもできます。

モーテルの宿泊費は、施設の規模やレベルによってAUS$60~AUS$200と差があります。

大手ホテル・モーテルチェーン

オーストラリアの主要な観光地と大都市には、世界規模で事業を展開する大手ホテルグループはほとんど揃っています。2つ星から5つ星まであり格付けも宿泊料も様々です。

大手ホテルチェーンには、ホテルのみではなくモーテルも含めて事業を展開しているところがあります。オーストラリアでは、ベストウェスタングループとチョイス・ホテルグループが、モーテルを含むサービスを提供しています。

BestWestern Hotels and Resorts(ベストウェスタングループ)には、Hotel Dealsとして様々なセット割引サービスがあります。

朝食付き、早期予約割引、ホリデーパッケージなど、オンライン予約をすることができます。ポイントを集めると宿泊が無料になるサービスもあります。

Choice Hotels Australia(チョイス・ホテルグループ)は、コンフォートインなどを含むホテルグループです。

10%の早期予約割引、レンタカー会社AVISの割引などのサービスがあるほか、世界各地にあるチョイス・ホテルグループ共通のポイントを集めると割引を受けることができます。

チョイスホテルズのジャパンデスクにアクセスすると日本語で宿泊予約ができます。

モーテル泊の注意点

オーストラリアでは、宿泊施設に限らずガソリンスタンドや公衆トイレなども含めて、数十キロ車を走らせたらすぐに見つかるという安易な考えを持ってはいけません。

人気の観光地である東海岸沿いは人口密度も高く、観光スポットも満載でドライブ中に困ることは少ないです。

しかし、アデレードからダーウィンまでのエクスプローラーズ・ハイウェイのドライブなどでは注意が必要です。

次の町まで200~300Km以上も離れていることもままありますし、やっとたどり着いた街のモーテルが満室だと車中泊になってしまうので、インフォメーションセンターで宿泊予定の街のモーテル情報を仕入れ可能であればインフォメーションセンターから予約すると安心です。(予約はインフォメーションセンターのスタッフに頼めばやってくれます)

まとめ

ホテルよりもリーズナブルで、ユースホステルやバックパッカーズよりも快適に宿泊できるモーテルは、ドライブ旅行ではかかせない宿泊施設です。

高めですが大手ホテル・モーテルチェーンの安定したサービスを受けるのもいいですし、家族経営のモーテルの個性あるサービスを楽しむのもいいです。

特に、ツーリストインフォメーションセンターには観光地の情報やツアー情報、ホテル・モーテルの情報が豊富ですので、使い倒すぐらいのつもりで活用しましょう。

インフォメーションセンターのスタッフと会話するだけでも、実は今日目指していた街は考えている以上に遠いのでもっと手前の街に泊まったほうがいいとか、○○に真っ直ぐ行くのもいいけど手前の△△(観光地)に行ったことが無いのなら是非寄ったほうがいいよ、といった情報ももらえるので、インフォメーションセンターにはこまめに寄るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする