レンタカーでハイブリッド車を借りるときのメリット・デメリットとは?

一般的に「ハイブリッド車は燃費がいい」というのはハイブリッド車に乗ったことが無い人でも知っているぐらい浸透しています。

そのせいか、レンタカーでも「プリウスやアクアを借りるほうがガソリン代安くなるよね!」という人がいますが、ハイブリッド車は使い方によってお得感が全然違います。

今回は、レンタカーでハイブリッド車を選ぶメリット/デメリットについて解説します。

ハイブリッド車って何?

ハイブリッド車は、電気モーターとガソリンエンジンを組み合わせてエネルギー消費を抑えるという車両です。プリウスとかアクアが有名ですね。

動力がモーターとエンジンの2つあるので「ハイブリッド」なんです。

元々自動車用のガソリンエンジンとは、低回転から高回転までどの領域においてもある程度のトルクが必要とされるため、パワーが必要なときは燃料を多く吸い込まなければならず、どうしても燃費向上には限界がありました。

一方、圧縮比を高くして定速回転させると熱効率(爆発時のエネルギーを動力として取り出せる効率)が格段よくなることがわかっており、それを具現化したエンジンがアトキンソンサイクルエンジンです。

ただ、アトキンソンエンジンは燃費はいいのですが、その反面トルク(パワー)を出すことが大の苦手です。そのため、アトキンソンエンジンだけでは交通状況に応じた加速ができず、実用的な自動車になり得ません。

そこで、低回転から高トルクで回せる電気モーターと定速動作が得意なアトキンソンエンジンを組み合わせることで、燃料消費量を抑え、且つ動力性能も遜色ないハイブリッド車が出てきたわけです。

ただ、それだけだとモーターを駆動する電気は無くなる一方なので、減速をモーターに担わせることで減速しながら充電する「回生ブレーキ」で電気を作り出すようにしました。

ガソリン車では、ブレーキパッドがブレーキディスクを挟むことで減速していますよね。ブレーキとは運動エネルギーを熱エネルギーに変換することですから、減速の度にエネルギーを熱で捨てているんですね。

ハイブリッド車は減速時にはタイヤでモーターを回して発電し、その発電した電気をバッテリーに充電することで今まで熱で捨てていたエネルギーを回収しています。だから回生ブレーキと呼んでるわけです。

お互いに苦手な分野を補完することで高エネルギー効率を実現したのがハイブリッド車です。

ハイブリッド車の得意なこと、苦手なこと

このような動力特性からハイブリッド車はストップ&ゴーが多い街中がもっとも威力を発揮します。

街中は加速と減速が多いので、モーターによる走行時間が多く、また回生ブレーキによる充電量が多くなるのでガソリン消費が少なくて済みます。

逆に苦手なのは長距離を一定速度で走ること。

一定速度で走るということは、モーターを使わずにエンジンばかり動作しますから、ガソリン消費量が多くなります。

苦手と言っても車に負担がかかるという意味ではなく、単にハイブリッド車のメリットであるモーターが活躍できないというだけです。加速も減速もしないのでモーターによるアシストが必要ないですからね。

レンタカーでハイブリッド車を借りるメリット・デメリット

旅行先で街中の観光地をちょこちょこ走り回るのであれば、ハイブリッド車は向いています。

しかし、高速道路で長距離を移動して周遊するような用途だと、モーターによる加減速アシストが必要なく、また回生ブレーキによる充電もあまり見込めないのでハイブリッド車のメリットがあまり活かせません。

それともう一つ大きな点は、ハイブリッド車のレンタル費用が同サイズのガソリン車に比べて高いこと。

例えば、アクアHVの12時間のレンタル料が7,560円に対し、同サイズのコンパクトカー(ヴィッツなど)は5,400円でレンタルできます。その差2,160円。

ガソリン価格が140円/Lとすれば2,160円で約15L給油できますから、コンパクトカーの燃費が15~18km/Lと仮定すると約270km走れる計算なりますね。

当たり前ですが、ガソリン価格が下がれば下がるほどハイブリッド車のメリットは少なくなります。

燃費を気にしなければハイブリッド車

できる限りCO2を排出しないよう、多少コストを掛けても環境負荷が少ない車種に乗りたい、という人はハイブリッド車がいいでしょう。

またハイブリッド車に興味があるけど一度も運転したことがない、という人にはレンタカーはうってつけですね。がっつり乗れる試乗車だと考えれば、差額の2,160円はそんなに大きい金額ではありません。

まとめ

・ハイブリッド車はモーターと非力なエンジンを組み合わせている。
・街中を走るにはハイブリッド車、高速道路で移動する場合はガソリン車が向いている。
・ハイブリッド車の料金は同クラスのガソリン車より2,000円高い。

一般的にハイブリッド車のレンタル料金は、同クラスのガソリン車より2,000円程度高い設定なので、ハイブリッド車に乗ったことがない、もしくは購入を検討する上で乗ってみたい!という人以外にはあまりオススメできません。

ハイブリッド車は用途によっても燃費が大きく変わるので、旅行先での行動に応じてハイブリッド車かガソリン車かを決めるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク