車のベビーシートの温度上昇を抑える日よけカーテンは、赤ちゃんとのお出かけの必需品

買い物を済ませて車に戻ると、ハンドルが触れないくらい熱くなっていた、なんていうことはありませんか?

炎天下の車内の温度は、直射日光によってかなり高くなります。

車にサンシェードって本当に効果あるの?って思っている人に伝えたい4つのこと
車にサンシェードって本当に効果あるの?って思っている人に伝えたい4つのこと
先日、友人が「車にサンシェードしても、結局車内が灼熱になってるよね?サンシェードってしてもしなくても同じじゃない?」と言ってました。...

座席やチャイルドシートの温度もかなり上昇し、柔らかで敏感な肌の赤ちゃんは特に、やけどの危険性すらあります。

駐車中の車内温度上昇を和らげてドライブ中も直射日光から赤ちゃんを守るには、日よけカーテンが効果的です。

車は全方向から日光が入る

当然といえばそうなんですけど、自動車って周囲の交通を見渡せるように、前面/側面/後面が全てガラスになっています。トラックぐらいですね、後方視界が無いのは。

しかも車は一方向にしか走らないわけではなく、行き先によっては東西南北どこにでも向かいます。ということは、赤ちゃんをどの位置に乗せても日光が当たるわけです。

適度な日光浴は健康にプラスですが、赤ちゃんの肌は敏感なので、直射日光を浴びすぎるとすぐに肌が赤くなったり水ぶくれになることもあります。

日除けカーテンの役割

日よけカーテンの役割は2つあります。

一つは、乗車中の紫外線をさえぎって赤ちゃんの肌を守ること。

もう一つは、車内温度上昇をおさえることです。

フロントガラスにはサンシェードを使っても、サイドドアのガラスから日光が入れば、シートやプラスチック部品が熱せられてしまいます。

車にサンシェードって本当に効果あるの?って思っている人に伝えたい4つのこと
車にサンシェードって本当に効果あるの?って思っている人に伝えたい4つのこと
先日、友人が「車にサンシェードしても、結局車内が灼熱になってるよね?サンシェードってしてもしなくても同じじゃない?」と言ってました。...

日よけカーテンで横からの日光を遮れば、室内温度の上昇がやわらぎます。

取り付けカンタン、日よけ対策!

車内日よけ対策には主に、カーテンタイプのものと、窓に取り付けるシェードタイプのものがあります。カーテンもシェードも、吸盤での簡単取り付けのものが現在は主流です。

カーテンタイプ

カーテンタイプは、UVカット素材、メッシュ素材で運転視野を妨げないものから、動物の柄、シンプルな無地の素材までいろいろあります。

カーテンタイプはその構造から、ミニバンやワゴン車のように車内空間が広い車に向いています。

上の商品は後方もカーテンで覆えるので、車中泊のときでも周囲からの視界を遮ることもできますね。

吸盤タイプ

吸盤タイプのシェードは、100均ショップで売られているシンプルなものからロールスクリーンタイプのものまで、いろんな種類があります。

吸盤タイプは安くて手軽に使えるのがメリットですが、デメリットとしては

・窓に吸盤を付けるので、窓の開閉が制限される
・吸盤がくっつかなくなる

というのがあります。

窓の開閉が制限されるというのは、シェードを取ってしまえばいいのでさほど大きなデメリットでは無いと思います。安いですしね。

吸盤がくっつかなくなる、というのは、使っていくうちに日光や車内の熱で吸盤のカップが変形してしまい、吸着力がなくなってしまうんですね。

吸盤の吸着力が無くなってきたときの回復方法は以前、記事にしていましたので参考にしてください。

サンシェードの吸盤が外れるときの直し方
サンシェードの吸盤が外れるときの直し方
夏のドライブにはフロントウィンドウのサンシェードが欠かせないですよね。 でも使っていくうちに吸盤がくっつかなくなって、...

まとめ

日よけカーテン、日よけシェードは赤ちゃんを直射日光から守るだけでなく、車内温度の上昇も抑えてくれる優れものです。

我が家では吸盤で窓に付けられる簡易なシェードを使っていましたが、季節や移動先に応じて気軽に付けたり外したり出来たのですごく便利でした。

例えば、都内から東名高速で静岡・名古屋方面に向かう場合は、午前~15時ぐらいまでは助手席側に日光が当たります。

道路の方向によって多少日当たりは変わりますが、基本的に東名、中央道は東西に向かう道路なので日差しは一定方向から当たるんですね。

そうなると行きと帰りで日よけカーテンを使いたい方向が違うため、吸盤タイプだとすぐに付け替えられるので便利です。

日よけカーテン・シェードはそんなに高くないものなので、車に一つ常備しておきたいものの一つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク