愛車を雨風・紫外線から防護する、お勧めのバイクカバー

ガレージのある人にはあまり関係ない話題ですが、大半の人はバイクを屋外に駐輪か、よくてサイクルポートに駐輪している人がほとんどではないでしょうか。

いくら屋根付きのサイクルポートでも風が吹けば雨が入り込むのでバイクカバーは必須です。

バイクに乗り始めて30年近くになりますが、今までいろんなバイクカバーで失敗してきた経験を踏まえて、オススメのバイクカバーを紹介したいと思います。

僕が今使っているバイクカバー

僕が今使っているバイクカバーは平山産業の透湿防水バイクカバー

今までいろんなバイクカバーを使ってきて、このバイクカバーにたどり着きました。

大型ネイキットバイク用のサイズLLの定価が22,190円で、実売価格が13,000~14,000円ぐらいで売られています。

実はバイクカバーって用途によってグレードがあるんです。

例えば、ガレージ保管でホコリから守るだけだったら透湿機能や防炎、防火機能なんていらないのでペラッペラのビニールシートで用が足ります。材料にお金がかかってないので安いです。

でも屋外に止めている場合は、防水・透湿はもちろんのこと、紫外線カット、防火・防炎の機能が無いと愛車を保護できません。

この平山産業の透湿防水バイクカバーはこれらの要素を全て兼ね備えています。

屋外で使うバイクカバーに必要な機能について、僕が重要視している順に解説していきます。

防水・透湿であること

バイクを野外保管するのであれば防水はもちろん、透湿機能は必須です。

昔、初めてバイクを買ったときにオマケでつけてもらったバイクカバーを使っていたんですが、なぜか雨が振ったあとにシートを外すと、タンクからシートまで濡れてるんですよね。

カバーを見ても穴は無いし、縫い目から漏れているわけでもないので何でカバーを突き通って濡れるのかわかりませんでした。

しばらくして、雨でバイクの下が濡れると雨水が蒸発してカバー内で結露していたことが原因だったことがわかりました。

そこで透湿性のあるバイクカバーに変えたところ、雨上がり後の結露が無くなりました。

透湿機能が無いバイクカバーは上から降ってくる雨水からは守ってくれますが、下から蒸発する雨水は逃がしてくれないので、使い続けるとサビが発生します

特に金属剥き出しのフロントフォークなどは真っ先にサビが出ます。

ペラペラのビニールカバーは、ラップでくるんで蒸しているようなものですからね。

特に梅雨時は知らないうちにカバー内がビショビショになってますよ。

耐紫外線であること

バイクに紫外線は大敵です。

青空駐車とガレージ駐車では、3年、5年経過したときのパーツの劣化が一目瞭然です。

よくメータ周りの樹脂パーツやウィンカースイッチなどが紫外線にやられて白く変色した車両をみたことはありませんか?

あれは紫外線によるダメージなんです。

昔に比べると樹脂パーツも紫外線に強くなりましたが、それでも経年劣化してしまうことは避けられません。

またカウルやタンクの塗装も紫外線によるダメージを受けてしまう部分です。

先日も街中で赤いMR-2を見かけたのですが、見事に色褪せていました。

恐らく長年、青空駐車してきたために塗料の色が褪せてしまったのでしょう。車はある意味仕方ありませんが。

でもバイクには、紫外線防止(UVカット)機能を持っているバイクカバーを使うと外装の劣化度合いが全然違います。

僕の車両は2004年式で初年度登録から13年も経つのですが、購入当初から紫外線防止機能のあるカバーを使っていたのでとても13年落ちの車両には見えません。

バイクは趣味性の強い商品なので、たとえ10年落ちでも綺麗に乗っていればそれなりにリセールバリューがあります。

難燃素材であること

これはいたずら防止ですね。

よく公共施設などでエレベータの中にライターで炙ったような痕跡をみかけますが、世の中にはそこらじゅうにライターで火を点けるアブナイ人たちが実在します。

そういった人達は、バイクカバーに放火することをためらいません。

そのため、バイクカバーは難燃性素材のものを使いましょう。

僕は昔ビニール製のバイクカバーを使っていた時に、タバコの火でバイクカバー、シートまで焦がされたことがあります。

恐らく、火を消さずに投げ捨てたタバコが僕のバイクのシート上に落ちて、そのままビニールカバーを貫通してシートにまで穴をあけたのだと思います。

大事に乗っていたGPZ900Rだったので今思い出してもショックです。というか思い出したら腹が立ってきた。(笑

高温部に直接当たってもカバーの損傷がないこと

透湿・防水素材のカバーは、ほとんどの場合、防水シートで透湿シートを挟み込む構造になっています。

この透湿シートは熱に弱いものが多く、マフラーやエンジンの熱が直接加わると透湿性能を発揮できなくなってしまいます

僕が使っている平山産業のテクノカバーは、マフラーの当たる部分に貼る耐熱シートが添付されており、走り終えたばかりのマフラーやエンジンが冷えていない状態でカバーをかけても大丈夫です。

カバーの上からロックできること

カバーの上からロック出来るということは、ロックしてしまえばカバーをめくることも出来ないので、泥棒が車種を確認できません。

窃盗団はリセールバリューのよい車種を狙いますから、カバーがめくれない=車種が確認できないので大半はあきらめます。

このカバーの欠点

当然といえば当然ですが、大体2年~3年ぐらいでカバー自体が劣化してしまいます。

上の画像は使用後3年経ったカバーです。リア部が縫い目から裂けていますね。

このカバーは今まで3回買い換えましたが、大体ここから破れます。こうなると買換えの時期です。

また、これ以外にも細かいホコリが出るようになり、バイクにホコリのように付着するようになります。(乾いた布でさっと拭くと落ちますが)

もっともこの裂けた部分は我が家ではいつも日が当たる場所なので、紫外線による劣化が一番激しいところなのだと思います。

もう少し耐久性があると嬉しいのですが、紫外線による劣化と引き換えにバイクを守っていることを考えると仕方がありません。

僕はバイクカバーは消耗品と割り切っています。

おすすめバイクカバーのまとめ

・屋外駐輪ではバイクカバーを使うと車体の劣化を防げる。
・バイクカバーに必要な機能は、
 透湿・防水/紫外線防止/難燃性/耐熱性
・バイクカバーは消耗品

今乗っているバイクはカワサキのZRX1200Rというネイキッドタイプで、屋根付きの自転車置き場に置いていますが、風が吹くと雨が吹き込んでくるので透湿・防水対応のバイクカバーが必須です。

他にも、レイト商会の匠アドバンスというバイクカバーも評判がいいのですが、如何せん高いです。

バイクカバーに3万円を超える費用はなかなか出しづらいです。

僕のバイクカバーは買い替えてしまったばかりなので、次回の買い替え時には他のバイクカバーも試してみようと思います。

テクノカバー、オススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク