子供との車中泊も楽しくなる、ミニバンにピッタリな寝袋はコレ!

家族4人で1泊旅行をしようとすると、一泊二食付きでも3~4万円はしますよね。

もちろんもっと安いところは探せばありますが、それでもあんまりケチると建物がボロかったり、食事がイマイチだったりと「安かろう悪かろう」な宿に当たる確率が高くなるのも考えものです。

そこで最近人気なのが車内泊での小旅行。

「車内泊~?なんか貧乏くさくてイヤ」という人もいますが、実際やってみると意外と快適な上に、非日常的な感じが子供達にはキャンプ以上に楽しいみたいです。

で、そんな車内泊を快適に過ごすために重要なのがぐっすり眠れる寝床作り。

重くて荷物になる家布団より断然おすすめなのが、この機能性抜群のミニバン用の寝袋です。

魅力いっぱいの車内泊と便利な寝袋

車内泊のメリット

車内泊の最大のメリットはなんと言っても「お金がかからない」こと。

宿泊費が丸々浮くので、その分ドライブ先での外食やアクティビティにお金を使うことができる点です。

年に1度、家族で豪華な温泉旅館に宿泊するのもいいですが、車内泊の小旅行を年に何度も行くのも楽しいものです。

お風呂は日帰り温泉を使えばいいですし、地元のレストランで食事するもよし、適当に買ってきた食事で安上がりに済ませるもよし、です。

車内泊のデメリット

車内泊のデメリットは、こういった「半野宿スタイル」の旅行に理解が無いと楽しめない点です。

車中泊を「貧乏臭い」「夜のSA/PAにはどんな輩がくるか不安」「車の中でなんて寝られない」と感じる人には苦痛に感じてしまいます。

それに夜間のトイレには大人がエスコートしてあげなければならなかったり、朝の洗顔/歯磨きの不便さを許容できない人にも厳しいでしょう。

しかし最近では、たくさんのハウツー本が出てるぐらい、車中泊を楽しむ人が増えています。

車中泊関連の書籍はこちら(Amazon)

子供が喜ぶ

こういう「秘密基地」的な車内泊には、ホテル泊とは違った特別感を感じるようで、子供は非常に喜びます。

特に子供的には、家族で車の中で夜を明かすというのが非日常的で楽しいみたいです。

まぁ、子供が中学生や高校生になるとそういうことに楽しさを感じなくなってくるので、幼稚園児~小学生ぐらいまでの子供にはオススメです。

機能性の高いミニバン用寝袋

ミニバンの後部座席と倒すと広大なフラット空間ができるので、そこにこんな寝袋を敷くと一気に子どもの遊び場兼寝床が出来上がります。

車内に敷くとこんな感じ。

分割するとこんな感じ。

ミニバンじゃなくても、ステーションワゴンや座席を畳んでフラットな空間ができる車種であれば、大体いけるんじゃないかと思います。

ここがマル

・丸洗い対応
・3シーズン使用可
・連結も分割も可能

車内泊だとお茶やコーヒーなどの飲み物をこぼしたり、場合によっては子供がおねしょすることもありますが、この寝袋は丸洗い可なんです。

はっきり言って小学生以下のお子さんがいる家庭なら、シートにジュースをぶちまけることは一度や二度じゃないはず。

そんなときでも寝袋が丸洗いできるのは本当に有り難いです。

また、寝袋は-2℃まで対応しているので、真冬以外の3シーズン使用可能です。ただ早春や晩秋になると寝袋だけではちょっと寒いので、毛布があったほうがいいでしょう。

連結すれば子どもたちと一緒に眠れますし、分割すれば二人分の寝袋にもなるので、使用シーンに合わせて使い分けられるのは非常に便利です。

寝袋以外の使い方

実はただの寝袋ではありません。使わない時は付属ケースでクッションにすることもできます。

クッションにしては少しボリューミーなのですが、意外と後席の真ん中に置くと、後席のパッセンジャーが寝るのも楽なので意外と重宝します。

ただ、やはりホテルほど快適とはいえない車内泊。

その為に、次は寝袋車内泊を更に過ごしやすくする工夫を紹介します!

車内泊をより快適にする方法

寒い時の冷え対策

特に春や秋の夜は意外と冷えますので、寝袋だけでは少し寒く感じるかもしれません。

そんなときは、

・毛布を併用する。
・ウレタンマットなどで下からの冷えを防ぐ

といった対策で車内が快適になります。

特に荷室部分は下がボディ(鋼板)なので、車種によっては寝ているとしんしんと冷えてくるので、ホームセンターで売っているウレタンマットや、ヨガ用のマットなどを敷くと、下からの冷えを抑えられます。

車外の光を遮光する

SA/PAや道の駅の駐車場は意外と明るくて、気になる人は寝づらいかもしれません。

特に4~9月は空も5時台には明るくなっているので、サンシェードや遮光カーテンで窓を塞ぐと朝日も和らぎますし、車内のプライバシーも確保されて快適になります。

車内泊の注意点

降雪時に車内泊する場合、エンジンをかけっぱなしで睡眠をとるのは大変危険です。

降雪によってマフラーが塞がれてしまうと、排気ガスの逃げ場がなくなり、床面を伝って排気ガスが車内に入り一酸化中毒になってしまう危険があります。

雪で車が立ち往生したらどうする?ドライバーが知っておきたいスタック時の対処法
雪で車が立ち往生したらどうする?ドライバーが知っておきたいスタック時の対処法
雪で大荒れしそうなときは出かけないのが一番ですが、そうは行っても出先で急な天候悪化に巻き込まれてしまうこともあります。 今回は...

またアイドリング中でもエンジンを冷却するためのラジエターファンが回ると結構な騒音になって、周囲で車中泊している他の車への迷惑になります。

まとめ

・車内泊は、経済的で気ままに長距離ドライブができる。
・快適な車内泊にはミニバンぴったりサイズの多機能寝袋がおすすめ。

車中泊に慣れていないうちは、高速道路のSA/PAや道の駅などのメジャーな施設から試してみるといいと思います。

最近はちょっとした車中泊ブームで、週末のSA/PAや道の駅には必ずと言っていいぐらい、車中泊の車を見かけます。

そのノウハウが詰まった書籍もたくさん出ていますので参考にするといいですよ。

結構、目からウロコなことがたくさん書いてあります。

車中泊関連の書籍はこちら(Amazon)

車中泊関連の書籍はこちら(楽天)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク