赤ちゃんドライブの必須アイテム、保温・保冷シートがめっちゃ便利!

赤ちゃん連れでお出かけするときは、車内でも赤ちゃんになるべく快適に過ごして欲しいと願う親心は当然でしょう。

自宅であればエアコンや暖房を上手に使って室温をコントロールしやすいですが、ドライブ中や外出先ではなかなか難しいですよね。

暑さでバテてしまいがちな猛暑や冷え込む冬も、保温・保冷シートを利用すると体温調節が上手でない赤ちゃんを暑さ寒さから守ってあげることができます。

今回は、ドライブに最適な赤ちゃん用の保温・保冷シートを紹介します。

赤ちゃんは体温調節が苦手

赤ちゃんの平熱は大人よりも高めで37度前後。

まだうまく体温調節ができないので外気温によって影響されやすく、暑い夏には熱中症にかかりやすくなります。

また冬はチャイルドシートの上から毛布を掛けてあげれば、車内温度が低くてもそれほど心配することはありませんが、逆にエアコンが効きすぎて汗を書くぐらい暖められてしまうことがあるので要注意です。

基本的には車内の空調は赤ちゃんが快適になるように調整して、大人側は衣類で調整するのが基本です。

真夏に、後部座席の赤ちゃんが暑そうであればカーエアコンの温度を下げてあげる必要がありますが、そうすると前席の大人は少し寒いぐらいかもしれません。そういうときは大人がシャツ1枚羽織るとか、後席に小型扇風機を使うなどして車内の温度をコントロールしてあげましょう。

赤ちゃん連れのドライブの必需品、車内の冷気・暖気を循環させる小型扇風機が超便利!
赤ちゃん連れのドライブの必需品、車内の冷気・暖気を循環させる小型扇風機が超便利!
お気に入りの空間である愛車でのドライブはいつでも快適であって欲しい・・・誰もがそう思っていませんか? 車内装飾でおしゃれに仕上...

赤ちゃんは汗をかきやすく、冷めた汗により体を冷やしてしまうこともあります。

そのため、こまめな着替えはもちろん、室内・車内の温度・湿度をコントロールしてあげて快適に過ごせるようにしてあげたいものですね。

赤ちゃんを暑さ寒さから守る、保温・保冷シート

チャイルドシートは、赤ちゃんの背中から足の裏側すべてがぴったりとシートに触れ、体を包み込むように固定されることで安全性を確保していますが、その包み込む形状のために背面に熱がこもりやすく、赤ちゃんの背中が蒸れやすくなります。

熱がこもりやすい背中を快適にするには保冷シートが便利です。

汗をかきやすい後頭部から背中にかけてを快適な温度に保ってくれるので、背中が蒸れづらくあせもを予防してくれます。

このタイプは頭用(小)と背中用(大)の2つの保冷剤が入れられるようポケット形状になっており、素材がタオル地なので汗で汚れてもすぐに洗濯できるのがいいですね。

チャイルドシート専用品でないので、簡単に取り外してベビーカーに付けることもできますし、普段のお散歩にも使えるので乳児期には重宝します。

保温・保冷シートを選ぶポイントは?

保温・保冷の両方に対応したジェル

保温・保冷の両方に対応しているジェルは年間を通して使えるので便利です。

保冷は冷蔵庫、保温は電子レンジで温めるものが主流です。繰り返し使うものなので、2重フィルム構造など耐久性があるものがおすすめ。

赤ちゃんに優しく洗いやすい素材

赤ちゃんに直接触れるものなので、お肌に優しく汗を吸い取りやすい素材がいいです。

それと衛生面を考えると、洗濯も簡単な素材(綿パイル生地、ガーゼ生地など)がオススメです。

赤ちゃんの背面に隠れるものなのでデザインは二の次です。というか正直どうでもいいです。(笑

万能型が便利

チャイルドシート専用品や抱っこ紐専用品よりも、チャイルドシート、ベビーカー、抱っこ紐など何にでも使える万能型が便利です。

この手の商品は首が座る3ヶ月ぐらいから1歳半ぐらいまでの間が一番活躍する時期です。

赤ちゃんも1歳過ぎると、自分で体温調節もできるようになってくるので、保温のほうはあまり使わなくなります。

しかし一般的に3歳ぐらいまでは長い距離を歩けない(すぐ「疲れた~」になる)ので、そういったときでもベビーカーでも使える万能型の保冷シートは長く使えるんです。

まとめ

赤ちゃん用の保冷・保温材はいろんなタイプの商品が出ていますが、一番使いやすかったのはパイル地の素材に保冷・保温材を入れるポケットが付いているタイプのものでした。

我が家は、夏も冬も保冷・保温シートにお世話になりっぱなしでしたね。

チャイルドシート、ベビーカーはもちろん、ベビーラックやチェアでも大活躍。保冷剤を追加で購入して毎日愛用していました。

おかげであせももできなくなりチャイルドシートでもぐっすり。きっと快適なんでしょうね、

親は暑いですけど。(笑