バイクのヘルメット、正しい置き方とは?

何年か前にバイクでツーリングに行ったんですよ、一人で。

その帰りにサービスエリアに寄ったんですね。んで、トイレに行って戻ってきたら、見知らぬバイク乗りのオジサンに「ヘルメット、ミラーに掛けちゃダメだろ~」って注意されたんです。

もう頭の中が「???」です。

今回はそんな「ヘルメットの正しい置き方」について書きたいと思います。

オジサンの主張

サービスエリアのバイク駐輪エリアでオジサンに話しかけられる定番は、

「このバイク何シーシー?」
「1200ccです」
「ほぇ~」

というのがお約束ですが、いきなりヘルメットの置き方で叱られるとは思いませんでした。

そのオジサン(BMW1200S乗り)曰く、

・ミラーに掛けておくとヘルメットが落ちる可能性がある
 落とすと衝撃吸収性が失われる
・内部の衝撃吸収材がミラーと当たることで劣化する
・ヘルメットは地面に置くのがバイク乗りのマナーだ(?)

ということらしいんですが、本当でしょうか?

とりあえず3番目の「地面に置くのがマナー」というのは意味不明なのでスルーします。

ミラーに掛けて置くとヘルメットが落ちる可能性がある?

それってスポーツタイプのカウルミラーに掛けた場合のことを言ってるのではないかと思います。

確かに、こういうタイプのカウルミラーにヘルメットを掛けると、ヘルメットが横向きになるのでミラーから落ちやすくなります。

でも、ネイキッドタイプのミラーにヘルメットを掛けておく分には、ちょっとやそっと揺すったところで落ちようがありません。

それにタンクやハンドルの高さぐらいからヘルメットを落としてしまったとしても、安全性能への影響はほとんどありません

以下はARAIのホームページにあるFAQからの引用です。

Q.ヘルメットを地面に落としてしまったけれど買い替えなければだめでしょうか?

A.オートバイのシートから、または、手に持っていた程度の高さから、不注意で落としたくらいでは、たとえ地面がコンクリートであっても大丈夫です。外観の塗装がはがれる程度なら、安全性能に問題はありません。ただし、走行中に転倒して衝撃を受けたり、故意に地面に叩き付けるなどしてシェルに傷を負うような衝撃を与えた場合には、使用しないでください。

引用:http://www.arai.co.jp/jpn/faq/fq_top.htm#q3

ということで、普通に使用しているときに誤って地面に落としたぐらいでは衝撃吸収性が無くなることはありません。(でも思いっきり傷がつくのでショックですけどね…)

内部の衝撃吸収材がミラーと接触して劣化する?

次にオジサンが主張する「ミラーにヘルメットを掛けちゃダメ」な理由は、ヘルメット内部の衝撃吸収材がミラーと何度も接触するうちに劣化してしまう、というものでした。

…うーん、それ本当なんでしょうかね?

確かにヘルメットの衝撃吸収材は発泡スチロール製で、その上にスポンジ状の内装が施されたものですが、コンクリート上に落下させても問題無いものがミラーにそっと掛けるだけで劣化してしまうものなのか、甚だ疑問です

ミラーに叩きつけるように何度もヘルメットを乱暴に扱えば衝撃吸収材にも悪影響を及ぼすと思いますが、普通に掛けている分には問題無いと考えていいでしょう。

確かに地面に置けば落下の心配は無いけれど…

確かに地面に置けばヘルメットを誤って落とすことはありませんが、その半面、ヘルメット下部の薄い合成皮革の部分がコンクリートやアスファルトに擦れてボロボロになってしまいます。

ヘルメットの外側が傷つく分には補修することはできますが、下側の合成皮革は張替えができないので買い換えるしかありません。

”ヘルメットは地面に置け”の出元はどこ?

この”ヘルメットはミラーに掛けるな、地面に置け”という情報の出元は、恐らく警察主催の安全運転講習会(セーフティライディング教室)ではないかと思います。

東京だと週末になると、鮫洲や府中の免許センターで試験場のコースを使って安全運転講習会が行われています。他の都道府県でも月に1度ぐらいの頻度で行われていると思います。

「安全運転講習会」というと、お巡りさんに細かいことをグチグチ言われる講習会かと思われるかもしれませんが、参加費100円(保険代)で試験場の広大なコースを白バイを先導に思う存分コーススラロームができるとあって、結構人気のある講習会なんですね。ここで物足りない人がジムカーナ競技に進んだりします。

で、なぜかこの講習会に参加すると、休憩時間にヘルメットをミラーに掛けているとすっごく注意されるんですね。

恐らく白バイのお巡りさん自身が所属している部隊でそう指導されているからだと思いますが、このことが安全運転講習会に参加している常連さんを通じていろんなところにに広められたのだと思います。

彼らは「白バイ隊員が言うのだから間違い無い」と鵜呑みしているので、出先で見ず知らずの人に自信満々に注意するのでしょう。

結局、正しいヘルメットの置き方は?

上でも言いましたが、ミラーに掛けることがダメだとする明確な理由は今のところありませんから、自分の好きなように置けばいいと思うんですね。

少なくとも僕は、地面に置くと合成皮革がボロボロになるので今まで通りミラーに掛けています。

というか、これで30年以上乗ってきて今までヘルメットに異常を来したことはありません。

それでも「ヘルメットは地面に置くべきだ」という方は誰も止めませんので、そうすればいいと思います。

ただ、それを他人に強要するは辞めていただきたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク