雷から身を守るには車の中が一番安全! 出先で雷に出会ったら車に避難せよ!

ドライブ先で急に天候が悪化して雷が発生したらどうしますか?

そういうときは、車の中に避難するのが一番安全です。

なぜ車が一番安全なのか?

車は金属で覆われているから

一般的に自動車は金属のボディで覆われています。

雷が車に直撃しても、電気はボディを流れタイヤを通じて大地に逃げるので、乗っている人には電気が流れません。

いわば車のボディが電気的なバリアになるんですね。

これは金属で覆われている乗り物であれば同じで、例えば飛行機に落雷があっても、表面を電気が流れて再び大気中に放電されるので、機内にいる乗客は感電しません。

僕も仕事で札幌-東京便に乗っているときに2回落雷に合いましたが、機体には何の支障もなく飛行を続けていました。ただ落雷時の音が凄くてかなりビビりました(汗

電気は流れやすいところに流れる

電気というと目に見えないせいか難しいものと思ってしまう人が少なくありませんが、電気自体には意志があるわけでもなんでもなく、ただ単に「流れやすいところ」に向かって流れる性質を持っているだけです。

高いところから低いところに流れる「水」と同じです。

普通、空気は一番の絶縁体(電気を流しづらい物質)ではありますが、数百万ボルト、時には数億ボルトにもなる雷は空気すら電気の流れ道になってしまいます。

一度放電が始まった雷は、抵抗の少ないところを選びながら放電が進み、地表に到達します。

地表近くに車があれば、空気よりも格段に電気抵抗が少ないですから車のボディに落ちるわけです。

車のボディに到達すれば、鉄の中はほぼ電気抵抗がありません(だからバッテリーのマイナス側はボディに接続している)から、その中を雷が進み、タイヤを通じて大地に逃げるのです。

ちなみに電車の架線には交流2万ボルトという高圧な電気が流れていますが、あの裸電線にカラスやハトが止まっても彼らは感電しないのは、電線に比べて鳥のほうが抵抗が大きいので電気が流れません。

つまり電気はわざわざ流れにくい方向には流れないのです。

ドライブ先で雷に遭遇したら

建物、車にすぐに避難する

ドライブ先で雷に遭遇したら、近くに建物があれば屋内に避難しましょう。

軒先はダメですよ。直撃雷を受けてしまう可能性があります。必ず屋内に避難しましょう。

また大きな木の下も危険です。

木の下は雨はしのげますが、木に雷が落ちるとそばにいる人間も感電する可能性があります。(樹木よりも水分量が多い人間のほうが電気を通しやすい)

近くに避難できる建物がなければ、急いで車に戻って車内に避難しましょう。

車内ではドアに触れない

車内に避難したら、ドアの金属部分には触れないようにして、雷が通り過ぎるのを待ちましょう。

車のドアは一応塗装してありますが、落雷で大電圧がかかると塗膜を突き抜けて感電する可能性があるので、念のためドア部から10センチ以上離れるようにしましょう。

川のそばにいるときは速やかに移動すること

例えば河原などで遊んでいるときに、急に天候が悪化して雷が発生したときは、上で説明したように車に避難するのが一番ですが、今度は増水による河川の氾濫への注意が必要です。

車に避難して「ふぅー助かったぁ~、これで安心」なんて思っていると、上流で降った雨が鉄砲水になって車が河川敷から出られなくなった、なんてことになりかねません。

そのため、川のそばで雷に遭遇したときは、河川が増水しても安全なところまで車を移動するようにします。

場合によっては耳を保護すること

もちろん落雷は電気的に怖いものですが、音も恐ろしいです。

いきなり「バン!!!!」と空気を響かせるので、無意識に体がビクっと反応してしまいます。

電車がホームに進入してくるときの警笛音でビクっ!としたことがありませんか?

あれは小心者だからビクっとするのではなく、自身に降りかかる災難に対して無意識に反応する体の防御システムなんです。

下の動画は、スマホで撮影された落雷時の生々しい音と映像です。

落雷の映像だとわかっていても体がビクっとしちゃいますね。

近くに落雷すると、そのときの状況によっては耳がキーンとするぐらいの爆音がしますから、そんなときは耳を手で塞いで保護しましょう。

まとめ:車の中は超安全

・雷が近づいてきたら建物の中に避難する(軒先はNG)
・樹の下に避難してはいけない(木に落雷すると感電する)
・車が近ければ車に避難する
・ドアなどのボディから離れる
・河川の近くに駐車している場合は、増水の危険があるのですぐに移動する

よく「車のルーフに雷が落ちたら、ルーフを突き抜けて中の人に落ちるんじゃないの?」と心配する人がいますが、ルーフに頭をくっつけていない限り、雷が突き抜けることはありません。

電気は必ず抵抗の少ないほうにしか流れないので、車内は安全な避難場所なのです。

ちなみにこれは僕が大好きなAC/DCのThunderstruck(笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク