ニュージーランドをロングドライブするならモーテルが便利だよ!

日本と同じくらいの国土面積を持つニュージーランドですが、公共の交通機関は発展しておらず、飛行機かバス、自動車が主な移動手段になります。

そのため自動車での旅行に便利なモーテルは充実しており、大きな都市はもちろん地方都市でも手軽に利用することができます。

モーテルの他にも、ニュージーランドには様々なタイプの宿泊スタイルがあります。

ニュージーランドの宿泊施設

<モーテル>

ベッド・キッチン・シャワーなどが備わった宿泊施設。

アメリカのモーテルとの違いは、キッチンが備え付けてあるので自炊することができます。

滞在費を節約したい人やロングトリップを楽しむ人に向いています。

<B&B(Bed and Breakfast) 朝食付き宿泊施設>

ニュージーランドは英連邦王国の加盟国であるためイギリス文化の影響が強く残っています。

このB&Bもイギリスでよく見られる朝食付きの宿泊施設と同じものです。

モーテルと同様にこじんまりと運営しているところが多く、ニュージーランドの生活スタイルを体験してみたい人やアットホームな雰囲気を求める人にオススメです。

<ホテル>

いわゆる普通のホテルで日本と同じです。

アメニティを重視するなら大手ホテルチェーンがおすすめですが、価格はモーテルにくらべて幾分高めです。

<ホリデー・ホーム/バッチ(貸別荘)>

長期滞在や自炊・プライバシーを重視している人に向いています。

あちこち周遊するスタイルよりも、ゆったりと長期滞在する人に向いています。

<キャンピンググラウンド/ホリデー・パーク>

キャンピングカーで旅行する人向けの施設です。

キャンピングカーじゃなくても、車内泊を予定している人や宿泊費を抑えたい人に向いています。

<バックパッカーズホステル>

バックパッカー用の宿泊施設です。

料金がNZ$25程度から宿泊できますが、そのかわり知らない他人と相部屋だったり、シャワー、キッチン、リビングを共同で使うことになります。

プライバシーを重視したい人にはオススメしませんが、いろんな国の人々との交流したい人に向いています。

ニュージーランドのモーテルの特徴

様々なタイプの宿泊施設があるニュージーランドですが、ホテルは大手経営グループが参入しているのに対し、モーテルは夫婦などによるこぢんまりとした個人経営の場合が多く、アットホームな雰囲気を楽しめます。

モーテル内のベッドリネンや設備などは、モーテルそれぞれのセンスでまとめられていることが多いことも特徴です。

モーテルの部屋には異なる2つのタイプがあります。1~2ベッドルームのユニット(unit)や、スタジオ(studio)タイプです。キッチンがついていることが多いので、自炊を楽しむことができます。

AA(Automobile Association) Accommodationが発行しているAA Travelerという宿泊施設ブック(無料)に掲載されている宿泊施設を利用すると、割引してもらえる施設もあります。AA Travelerは、インフォメーションセンターやモーテルなどの宿泊施設に置いてあり、自由に持ち帰ることができます。

また、宿泊予約サイト(https://www.booking.com/)などを通じて予約すると、宿泊割引を受けられる場合もありますので旅行を計画する際には是非チェックしてみましょう。

以前、ニュージーランドでモーテルを利用したときの感想

当たり前といえば当たり前ですが、設備の良さは価格に比例します。

予算を下げるとそれなりの設備ですね。部屋が狭かったり、古びた感じだったりと、期待外れの部屋に当たることもあります。

そのため、予約するときはモーテルの写真やレビューをみてから予約を決めることをおすすめします。もっとも写真はベストショットを使っているのであまり当てになりませんが、レビューはかなり参考になります。

以前、ニュージーランド南島を周遊したときは主にモーテルを利用しました。

地元にスーパーで食材を買って(これが楽しい)モーテルで簡単に調理して食費を節約していました。ただ、いつも自炊すると飽きるので2日に1度はレストランで地元の食事を楽しんでいました。

キッチン付きの場合は食器やカトラリー、調理器具が備わっているので、特に調理器具を持参しなくてもいいのがモーテル利用のメリットです。

ニュージーランドのモーテル(ホテルも)では、コーヒー・紅茶にミルクがついてくるので、ミルクティー派・コーヒーにミルク入れる派の人にはとてもありがたいサービスです。

モーテルの予約について

オンライン予約

施設のオンライン予約システムや検索サイトを通して宿泊予約ができます。設備内容など、施設のサイト写真で確認することができるのもメリットです。

インフォメーションセンター

各地にあるインフォメーションセンターで、宿泊地を予約することができます。

その街のモーテルが満室の場合、最寄りの街を紹介してくれたり、代わりとなる宿泊先を提案してくれたりするなど親切な対応も好印象です。

モーテルの宿泊料金について

モーテルは、ホテルと比べて宿泊料もリーズナブルに設定されています。宿泊料金については、人気の主要都市・観光地と小さな地方都市では大きな違いがあります。

オークランド、クライストチャーチ、クイーンズタウン中心部などの主要な観光地では、一泊NZ$130~NZ$350と価格に大きな幅がありますが、地方都市では、一泊NZ$90~NZ$160程度で宿泊可能です。

まとめ

ニュージーランドにあるモーテルは、日本ではあまり見かけることのない宿泊施設です。

主な特徴は、キッチンがついていることや部屋のすぐ前に車を止められるところが多いこと、ホテルと比べてリーズナブルな料金設定です。

レンタカーでニュージーランドをロングドライブする際には、モーテルを有効に活用することで旅行の費用を抑えながら多くの場所を周ることができますので、是非NZを訪れる際には検討してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク